新宿の皮膚科情報 についての記事一覧 | 会社帰りに行ける新宿の皮膚科

HOME » 新宿の皮膚科情報

新宿の皮膚科情報

子供のアレルギーは小児科と皮膚科のどっち?

子供のアレルギーについて

子供にアレルギーの症状が起きたときに親御さんとしては早く治してあげたいところでしょう。

そのためには病院を早く受診することが大事ですが、受診する病院で迷うことがあるかもしれません。

たとえば小児科と皮膚科とではどっちがいいのでしょうか?

これは症状次第となりますが、子供に起こる症状や病気を全般的に診ているのが小児科となるため、困ったときは小児科と覚えておくといいかもしれません。

ただ、お肌のことに関しては皮膚科の方が詳しい場合があります。

Click≫ 『子供のアレルギーは小児科と皮膚科のどっち?』

アレルギーなら内科と皮膚科のどっちがいい?

アレルギーでの病院の受診

新宿には内科や皮膚科などの病院はたくさんありますが、アレルギーかなと思う症状が出ているときはどっちがいいのか迷いますよね。
これは今出ている症状によっておすすめの診察科が変わります。

たとえば花粉症もアレルギーの一種となり、鼻水や鼻づまりなどの症状がよくありますが、このときは皮膚科よりも内科がおすすめです。
診察を受けてやはりアレルギーだと診断されると鼻水等の症状を抑える薬をもらえることが多いです。
これを使うと症状が落ち着いてかなり楽に生活できるようになるでしょう。
このような花粉症をはじめとするアレルギー性の鼻炎のほか、咳、喘息、腹痛、下痢などの症状がアレルギーで起きている場合、内科で相談してみるといいでしょう。
Click≫ 『アレルギーなら内科と皮膚科のどっちがいい?』

病院の新宿駅周辺での選び方

アクセスのしやすさで選ぶ

皮膚科の場合は、何度も何度も通院することもあります。

特に肌は体質的な面も多いため、生活を根本的に改善しないと治らないこともあります。

そうなってくると、毎回通院するのがとても面倒になってしまうことが多いです。

だからこそ、アクセスのしやすさというのは意外と重要となってきます。

病院を探す時、例えば新宿駅なら新宿駅の近くにあるところを選ぶと良いです。

選び方としてはシンプルかもしれませんが、そもそも通院が嫌になってしまっては本末転倒なので、そこは自分が通いやすいところを中心に選ぶようにしてください。

なお、アクセスのしやすさで見れば、より良い病院も見つかります。

通いやすいところにあれば、学校や職場から帰宅する時にも立ち寄れますよね。

そういう意味では、やはりアクセスが良い方が使い勝手も良いと判断できるでしょう。

得意分野で選ぶ

皮膚科医とは言っても、それぞれ専門特化していることもあります。

ニキビだけに対応しているところもあれば、アトピー専門に対応しているところも。

他にも皮膚病はたくさんあるため、すべてをカバーしていないこともあるかもしれません。

そんな時、自分が診てもらいたい病気の時、「これはうちの病院では扱っていません」と言われてしまっては、そもそも本末転倒なのではないでしょうか。

得意分野があれば、それと合致する方がしっかり治療してもらうこともできます。

医師によっては自分で対応できないと思った場合、他の病院を紹介するということもあります。

それはより得意分野を持つ医師が対応した方が良いためです。

そのため、ニキビならニキビ、アトピーならアトピーという風に得意分野ごとに選んでいくと失敗することもないのではないでしょうか。

こればかりは病院によって違ってくるので、まずは病院の中でも新宿駅なら新宿駅の周辺に絞って選んでみると良いです。

実績で選ぶ

皮膚病というのは、症例が珍しいものもあったりします。

ニキビやアトピーであれば症例も多いので、すぐに対応してくれることも多いです。

しかし、自分の肌がどうなっているのか、そもそもわからないという人もいるでしょう。

そんな時、病院が「これはうちでは診られません」としてしまうと、あまりにも酷です。

そこは実績が豊富であれば対応できることも多いので、実績を確認してください。

実績があるだけでもやはり安心感が違ってくるので、ぜひそこもサイトやホームページごとに確認しておくようにしましょう。

かぶれた肌の治療は皮膚科

かぶれる肌とかぶれない肌

肌がかぶれやすい人とかぶれにくい人というのがいるのを知っているでしょうか。

その違いに関しては体質だと思っている人がとても多いです。

しかし、肌がかぶれるかどうかの重要な分岐点となるのが、水分量だと言われています。

肌の水分量が少なくなると乾燥し、ちょっとしたことでもかぶれるようになります。

かぶれるとは言っても、何が原因なのかは人によって大きく違ってくるでしょう。

植物によってかぶれるということもあれば、動物によってかぶれることもあります。

その根本的な要因となっているのが、肌の水分量なのです。

あまり水分に関しては意識している人も少なく、保湿で手を抜いている人もいますよね。

女性は毎日のスキンケアでカバーしているかもしれませんが、男性ではあまり保湿にもこだわっていない人が多いです。

かぶれる肌とかぶれない肌は、そんな肌の保湿力によっても変わってくるのです。
Click≫ 『かぶれた肌の治療は皮膚科』

爪水虫の治療なら皮膚科

水虫はどこにでもできる

水虫には爪水虫のように爪にできるものもあれば、指にできるものもあります。
実は男性の方が圧倒的に多いと言われていますが、近年は女性も増えています。
働く人の多くが水虫になる可能性を持っているので、定期的に診察をするなど予防が必要となるでしょう。
しかし、爪水虫などはそれらの水虫の中でも、より重症なものが多いです。
爪の中にまで水虫の菌が入ってしまうことによって、爪もろともボロボロになります。
誰でもできるものだからこそ、そこは注意が必要となるのではないでしょうか。

Click≫ 『爪水虫の治療なら皮膚科』

やけどの応急処置について

やけどの応急処置

日常生活の中でやけどをする機会もありますよね。
このときは速やかに応急処置をし、病院の受診も考えるといいです。
ひとまず必要になるその応急処置ですが、どうやるのかというと、患部を冷やすことが大事です。
氷や保冷剤などを無理に使う必要はありません。
水道水をそのまま患部に当てるだけでOKですから、すぐにやけどしたところを冷やしてください。
Click≫ 『やけどの応急処置について』

虫刺されの治療

虫刺されの治療

お肌にトラブルが起きるきっかけの一つとなるのが虫刺されです。
虫刺されというと蚊のイメージがあるかもしれません。
それくらいなら無理に病院に行かなくても問題ない場合も多いのですが、蚊のほかにも毒を持つなど人間に肌トラブルをもたらす虫は多くいます。
たとえばハチ、アブ、ムカデ、クモ、毛虫、ノミなどです。
これらに刺されたり、噛まれたりすると、蚊に刺されたときよりも強い症状が長時間出る場合もあります。
Click≫ 『虫刺されの治療』

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の治療

円形脱毛症とは髪の毛が抜ける症状となり、その名前の通り、円形に髪の毛がなくなることもあります。
それがこの症状の特徴と思われがちですが、実は髪の毛のなくなり方は円形とは限らず、広範囲から髪の毛がなくなったり、頭の毛がすべて抜け落ちるといった症状もあります。
髪の毛がなくなるのは多くの方にとってお悩みとなりますから、治療したいところでしょう。
円形脱毛症について、実は無理に治療は必要なく、自然にまた髪の毛が生えてくることもあります。
ただ、早く治したいときや症状がひどいときなど、自然に生えてくるのを待ってはいられないこともあるでしょう。
そんなときは病院で治療を受けるといいです。
Click≫ 『円形脱毛症の治療』

肌のかゆみの治療

肌のかゆみの治療

肌のかゆみが出ると非常に不快な症状となりがちです。
症状が強くなるとじっとしていられなくなることもあります。
かゆみが出ている場所によっては人前で気軽にかけるとは限りませんし、かいたからといって症状が治まることはなく、むしろ症状が悪化することも多いです。
肌のかゆみが出ていると日常生活に影響することも意外と多いですから、悩んでいるかゆみは早めに治療を考えるといいです。
かゆみの治療は皮膚科で可能です。

症状にもよりますが、肌のかゆみは特別な検査などは必要ないことも多く、すぐに診察が終わることもよくあります。
それで処方された薬を使うことでかゆみが鎮まることも多いですよ。
処方される薬は患部に使う塗り薬のほか、飲み薬が出ることも多いです。
塗り薬はお肌の保湿のためのクリームのほか、お肌の赤みなども出ていれば炎症を抑える塗り薬が一緒に出ることもあります。
飲み薬とは何かというと、体の内側からかゆみを鎮める飲み薬となります。
これらを併用することで嘘のようにかゆみが鎮まることもありますから、早く治療したい肌のかゆみは皮膚科まで相談してみるといいでしょう。

新宿の皮膚科情報

肌のかゆみの治療で利用できる新宿の皮膚科ですが、新宿駅の近くにいい病院があります。
駅の西口から徒歩一分という距離にクリニックがあり、こちらに皮膚科が入っています。
ここは一般皮膚科となり、肌のかゆみといった症状の診察や治療をしています。
駅に近いことから会社帰りの利用もしやすいですし、何よりこちらは診察まであまり待たされない病院としてこの地域でも人気です。
ちょっとしたお肌のかゆみのための受診もしやすいですよ。
駅近にはもう一つ別の皮膚科もあります。
一般皮膚科ですから肌のかゆみといった症状の診察や治療ができます。
こちらも駅に近いですから、会社帰りでも利用しやすい病院となるでしょう。

仕事のある日に受診するコツ

先にご紹介した皮膚科は駅に近いですから会社帰りでの利用も比較的簡単です。
ただ、診察受付時間にも締め切りがあるため、会社帰りに受診したい方は早めに仕事を終えて来院することが大事です。
可能ならその日に少し早く退勤させてもらうなどすると確実です。
また、新宿駅西口の近くにある皮膚科は待ち時間が短いため、昼休憩などのちょっとした時間で受診できる場合もあります。
昼休憩が長い方や、昼間の時間帯に仕事を少し抜けられる方など、そのような利用をすれば仕事のある日に肌のかゆみの治療も気軽に進められます。

じんましんの治療

じんましんの治療について

虫刺されのような腫れがいくつもでき、お肌がボコボコになることもあるのがじんましんです。
その見た目のインパクトが強い上に、強いかゆみが出ることもあり、実際にこれが出た方にはかなり気になる症状となるでしょう。
もちろん治療したいところでしょうが、お肌の腫れやかゆみなどが主な症状となり、そのほかにショック症状などがなければ皮膚科が治療のための受診先となります。
Click≫ 『じんましんの治療』